エッセイ エッセイのバックナンバー

一部の方々はアベノミクスやらで「景気が良くなった」って言っていますが、私の回りではそんな声は聴こえてきません。私も昨年の秋からレギュラーのお仕事がほとんどなくなり写真家になって依頼、最大の不況に陥りました。かみさんは「世の中そうなんだから仕方がないね」と慰めてくれましたがまじめな私は(笑)そうは思えず、「自分の実力の無さなんだ。私はもう世の中から必要ではなくなったんだ」なんて落ち込みました。☆そんな4月に編集者のUさんから撮影の依頼がありました。テーマはインテリアを中心としたライフスタイルでした。Uさんからは18年前にやはり仕事が少なかった時にインテリア雑誌のお仕事をいただきました。それから撮影が相次ぎました。

今回は10年ぶり位にご一緒させていただきました。冗談で「また福の神になってね」なんて笑って話しました。「じぇじぇじぇ!」なんと不思議なことにそれからお仕事が相次ぎました。こんなことってあるんですね!具体的にはモコメシさんとのコラボ料理教室、某大企業HPのポートレート、某政治家さん選挙ポスター、某社とのコラボグッズ、ハワイカレンダー、建築書籍、某雑誌撮影、「公園バレエ」ビデオ撮影、某大物さんとのコラボ書籍、某作家さんポートレート、某県での写真展など、ざっと数えてもこんな感じです。今度Uさんに一杯、いやいっぱいおごらなきゃね。(笑)

これはたんなる偶然なのか?私の気持ちが変わったのでそうなったのか?解りませんがひとつひとつ丁寧にやっていきます。まだ某○○が多いですがけっして危ないお仕事をしているわけではありません。発表が出来る日が来ましたらFBやこのHPで告知しますので楽しみにしてくださいね。

人間って悩みや不幸(あんがい自分で思い込んでるだけ)の中にいるとすねたり、ふて腐ったりしてしまいますが、それって案外チャンスなんです。私は本が好きで自己啓発本や、成功者の本を沢山読みましたが、皆が共通して言ってることは「どんな成功者も必ず苦汁を飲んできた。むしろそのときにいろんなことを考えて力を付けた。一事で言ってしまえばピンチはチャンスだ。だから焦らず、腐らず行こう。あと明るく。これは結構重要」

私は来年写真家として30年と言う節目を迎えますがいろいろありましたね。何かやりたいですね。パーティーとかではなくライブコンサートとかファッションショーとか、誰も見たくないか!(笑)

写真家 野寺治孝
All images copyright © Harutaka Nodera. All Rights Reserved.