エッセイ エッセイのバックナンバー


 トピックスでもお知らせしましたが、坂之上洋子さんとのコラボ写真集「結婚のずっと前」が9月26日に二見書房より発売されました。彼女とはもう10年来のお付き合いをさせてもらっています。以前から「機会があったら一緒に本を出したいですね」とお願いしていました。

 今年の1月に二見書房の編集者Y氏とお会いした際に、「野寺さんの海の写真詩集を出版したいのです」とお話しをいただきました。私は瞬時にこの企画は坂之上さんにお願いしようと思いました。というのは、詩のほうはすでに出来上がっていました。(2010年10月等々力の巣巣さんでの写真展「だからひとり海へ」で書いていただいておりました。)これを手直しして7月20日の海の日までに出版しようと計画を立てました。そんな矢先に、あの3・11の東北大震災が起こってしまいました。坂之上さんは「このまま海の詩でもいいのだけれども・・・もう少し考えてみたい・・・」と言い3ヶ月がたちました。今になって思えばこの3ヶ月の間に彼女はいろいろと思いをはせ、考えてくれたのでしょう。

 そしてある夏の日、「結婚や恋愛について私のツィッターでつぶやいていたところ、非常に多くの反応があります。その中でうれしかったのが、『小さなヒントなのに衝撃的に幸せになれた』といううれしい返事がありました。このテーマでいけたらと思うのですけれど・・・」私はすぐにこれはいいと直感しました。こうして写真集のテーマが決りました。


 写真は大まかに私が選んで坂之上さんとY氏に預けました。つまりセレクションはお任せしたのです。そうしたのには理由があります。あるとき私が選んで家内に見せたところ、「いつも同じ写真ばかりを選んでいる。今回は恋愛と結婚がテーマなんだから坂之上さんに任せたほうがおもしろいのとちがう?」と言ってくれたからです。最後の詰めは私とADのYさんを含め4人でしました。表紙も坂之上さんのディレクションです。彼女がたくさんの花を用意してくれて私が撮りました。真夏で暑い日でした。休憩時間に出してくれたアイスクリームの冷たさが忘れられないです。

 本の内容はひとことで言って、結婚と恋愛のバイブルですね。これほど簡潔にわかりやすく、人類最大の謎?、男と女について具体的に書かれたものを私は知りません。20年前にこの本があれば私の結婚観も変わっていたかもしれません。(今の家内と結婚していなかったという意味ではありません。念のため。笑)すべての女性は勿論のこと男性にもぜひ読んでいただきたい1冊です。プレゼントにすれば二人の仲は今以上に良くなることでしょう。

 皆さんにお願いがあります。本屋さんに行かれた際に、「坂之上洋子さんの結婚のずっと前という本はどこにありますか?」と店員の方にひと言尋ねてください。これは店員さんにアピールをして本の仕入れをたくさんしてもらう作戦です。ご購入していただかなくても効果バツグンです。(購入していただければもっとうれしいです。(^^)

 あとお願いついでに、本屋さんに電話をして聞いてもらうだけでも効果大です。あなたのサポートが私の写真家活動の支えとなりますのでどうぞよろしくお願いいたします。(笑)

写真家 野寺治孝
All images copyright © Harutaka Nodera. All Rights Reserved.