エッセイ エッセイのバックナンバー


 今年の前半は未曾有の大震災や原発事故があり日本中が大変な思いをしました。今現在もだいぶ落ちついてきたとはいえまだまだ予断を許さない状況は変わりません。そんな中でも人々は毎日を生き、生活をしなければなりません。東北や福島の被災者の方には1日も早く日常の生活を取り戻して欲しいと願うばかりです。私たちが住む浦安も液状化の影響などで元の美しい街並みに戻るまでまだまだ道のりは遠いという感じです。それでも一人一人ができることをやって行くしかないのだと今は思っています。そんな昨今の夫婦の会話を書いてみました。

「先月、待ちに待った『TOKYO BAY』が(株)ソニー・デジタル・エンタテインメント・サービスから電子出版されAppStoreで買えるようになったね。デジタルっぽくなくてびっくりしたよ。まるで紙の本みたいなんだよね。スライドショーには江口貴勅さんの曲がバックで流れるし。この曲は2008年に写真展「TOKYO BAY」をやるときにオリジナルで作曲してもらったんだよね」
「そうそう、トークショーのゲストで演奏してもらったよね。あの時はランズエンドとこのTOKYO BAYのテーマ曲を演奏してもらったんだけど会場に来ていた女性群みんな涙を流して聴き入ってたのが印象的だったね。まあ江口さんはタッキー似のイケメンだし。野寺のトークショーだったのにおいしいとこ全部持っていかれたって感じだった。(笑)それはそうとiPad手にいれたね」
「うん。写真のプレゼンツールとしては最高だね。未来を手に入れたって感じ。デジなのに指先で拡大したり、ページをめくったりとアナログ的なのもおもしろいし。でも情けないことにiTunesのバージョンが古くて最初は写真が取り込めなくて。そしたら息子の友達が手伝ってくれてちゃんと操作できるようにしてくれた。最近の子供達はデジタルに慣れていてすごいよ」
「ところで、今、本を2冊制作中だよね。1冊は福島正伸さんと、もう1冊は坂之上洋子さんとの文章と写真のコラボ本でしょ?」
「そう、以前からこのお二人とは一緒に本を出したくて。俺とすれば念願がかなってうれしい。3月の震災の影響で一度は断念しそうになったけど、めげず、あきらめず、待つ、で実現できたので本当に感無量。おまけにほとんど同時進行でこのところ忙しくて。うれしい悲鳴ってとこ。(笑)洋子さんといえば、彼女は実に多才な人で、NewsWeek誌の世界が認めた日本人女性100人に選ばれた才媛なんだよね。ずっとアメリカでブランディング等の仕事をしていて、数学者の旦那さんの転勤で日本に戻ってきたんだ。アントステラって、ほらクッキー屋さんがあるでしょ。あそこのブランディングを一手に引き受けてすごく業績を伸ばしたそうだよ。とにかくやたら顔が広くて、政界、財界、芸能界、NPOまで、ビル・ゲイツ財団からも仕事を依頼されたらしいよ。でもそれを鼻にかけるような人じゃないんだよね。どんなに偉い人にでもお説教するし、若い人の悩みごとにも親身になって相談に乗ってあげるような気さくな人なんだよ」
「そうだよねぇ。洋子さんと出会ってからあなたもいろんな人との出会いがあったよね。衆議院のK議員さんとか、大企業のYさんとか、もちろんソニーデジタルのF社長さんも含めて、普段の生活じゃ絶対に出会わないような、ね!」
「本当に洋子さんには感謝です!でもバリバリのスーパーウーマンではなくて、失礼だけど、可愛いところがある人なんだよねぇ」
「ところで、最近何か新しいこと考えてるの?」
「うん。新しい試みとしては写真のワークショップかな。昨年から単発的にやっているんだけど、定期的にやってみようかと考えているんだ。こちらが教わることも多いし。少しでも写真ファンが増えてくれたらいいなぁと思って。ナデシコ・ジャパンじゃないけど女子のほうが男子より元気で積極的だね。体力があればカメラマンには向いているかも。男子はメカとか数字にこだわりすぎ。そこへいくと女性は感覚的にものごとを捉えるから写真に向いてると言えるかもね。女性に囲まれてワークショップするのも楽しいし」
「はいはい。それが本音だね」
「いやぁ~別に女子限定ではないけど・・・」

「話は変わって、最近70年代のロックばかり聴いているけど。なにか理由はあるの?」
「震災以降なんとなく懐古趣味してるかなぁ・・・うちのスピーカーの下に厚い板を敷いたら低音が締まっていい音になったんだよ。それにロックを聴いていると当時の熱いミュージシャンのエネルギーをもらえて元気になれるんだよ。特に若い頃のクラプトンやジェフ・ベック、リッチー・ブラックモアらのギターは凄いよ。炸裂している。バンドでいえば、レイナード・スキナードとCCRかな。CDで持ってないけどロイ・ブキャナン、日本のバンドだとクリエーションなんかレコードを引っ張り出して聴いている。そしたら息子も影響を受けたのか、70年代のフュージョンバンド『プリズム』を聴きだしたよ。彼のバンドでもフュージョンをやりたいって言ってたけど、今フュージョンやっている人は少ないよね。(笑)全然話変わるけど、毎朝体操してるよね。どうして?」
「あなたみたいに朝起きてランニングする時間がないし、かといって体を動かさないと固まって柔軟性がないと怪我もしやすいし。朝一番に体操をすると1日が調子良くってね。あたなと違って私は体が柔らかいから。(笑)ただ腹筋がないからぎっくり腰になりやすいから気をつけなきゃと思って。だんだんそんな年齢になってきたってことだね。お互いに」
「そうだね。先日、健康診断に行ったら、すべての数値が良かったんだ。ランニングとピロリ菌除去のおかげだね。健康の秘訣は適度の運動と腹八分目、あとストレスを溜めない。だからやさしくしてね」
「じゃあ、あなたのストレスの原因は私???」
「そっ、そんなことは・・・」(汗;そんな突っ込みがストレスかも・・・)
 
『TOKYO BAY』アンドロイド版は秋頃の発売予定です。
写真家 野寺治孝
All images copyright © Harutaka Nodera. All Rights Reserved.