エッセイ エッセイのバックナンバー


 「カメラは一眼レフでなければいけないでしょうか?」よくある質問です。結論から言いましょう。プロを目指すのであれば絶対に必要です。趣味の範囲であればカメラはなんでもいいでしょう。「野寺さんが使っているカメラは高価なのでしょうか?」この質問もよくされます。今主力で使っているカメラはEOS5D MARKⅡを例にすればボディが27,8万、レンズが1本10万〜20万円くらいのものを使っています。これが高いか安いかはそれぞれの方の判断になります。ライカのクラッシック・ヴィンテージなどはおそらく100万円以上すると思います。これと比べれば安いですし、同じEOSでも7,8万のKISSと比べれば高いと言えるでしょう。また、「コンパクトカメラではダメですか?」ともよく聞かれます。そんなことはありません。いい意味でラフにスケッチのように撮りたいときはコンパクトで十分です。人物スナップなども相手に警戒心を与えないので有利と言えるでしょう。ただ、1000万画素あっても粒子が荒れることがあるので画質優先であるのならばやはり一眼レフを使うことをお薦めします。

 私の場合は「こんな写真が撮りたいからこのカメラが欲しい」であって逆はありません。正直に言えば、それほどカメラに愛着もありません。あくまで道具です。フィルムカメラの頃はシャッターボタンの感覚やレンズのピント合わせリングなどに微妙な癖があり厳密には同じメーカーの同じ機種でも癖みたいなものがありましたが、現在のデジカメは100%同じだと私には感じられます。もちろん、大事にメンテナンスをして使っています。しかし、新しい機種ほど値段が安くなって性能アップしていきますからそのつど買ってしまいますね。性能の良さには本当にびっくりしてしまいます。最近購入した5D MARKⅡなんかはハイビジョンのビデオ動画まで撮れます。かなり完成されたカメラだと思います。これからは記録容量の性能だけの問題だと思います。今の1000万画素のクオリティがそのまま100万画素で撮れるようになればいいですね。


 私の場合ですが、コンパクトカメラを使うと写真が全然変わります。撮る前から狙うものが違ってきます。目がコンパクト用の目になってしまいます。フォーマットをスクエアにセットして使うことが多いので気持ち的にはブローニーで撮っているような感じです。コンパクトだとボディが軽いのでどうしてもラフに撮ってしまいます。コンパクトのときほどそっとシャッターを押し、しっかりファインダー内を整理するよう心がけています。あとライブビューは好きになれません。やはりファインダーを覗くという感覚が楽しいですね。

 写真はカメラがなくては撮れません。しかし、カメラが良いからといって良い写真が撮れるとも限りません。カメラを好きになる以上に写真を好きになることが大切だと思います。逆説的ですが、写真に行き詰ったらカメラを変えてみるのも手です。突然何かが見えてくるときもあります。要するに、カメラは何でもOKですが撮りたいモノによっては適材適所があるということではないでしょうか。あとはそれぞれの方が使いやすいものを選んでください。私はニコンもライカも使ったことがありません。

写真家 野寺治孝
All images copyright © Harutaka Nodera. All Rights Reserved.