エッセイ エッセイのバックナンバー

 カメラマンか写真家か大きく分けて2種類あると思います。前者はクライアントの依頼で撮る。後者は自分の意思で作品をつくり、依頼であっても自分の作風で撮ることができる。どちらにしても「今日から自分はプロです」と名乗った瞬間からプロになれるのです。なぜならこの仕事に資格はありませんから。お金になるかどうかは別にして。

 前者を目指すならばまず学校かコマーシャル・カメラマンのアシスタントにつくのが良いでしょう。カメラの扱い方、ライティング、クライアントとの打ち合わせ等学べると思います。後者ははっきり言ってわからないです。私に限っていえば、夢にも写真家になろうとは思っていなかったのになってしまったということもあります。手っ取り早いのはストック・フォト(フィルム・ライブラリーと呼ばれ写真を広告代理店等に有料で貸出をしている会社)に写真を売り込みに行くのがいいと思います。条件さえ合えば採用してくれます。この世界はベテランも新人もプロもアマも同じ土俵に上げてもらえます。最初はなかなかお金になりませんが“売れる写真”を撮るコツを掴めばそこそこ売れるかもしれません。私の経験では“自分の好きな写真”ほど売れない傾向にあります。この世界も「気がついたらライブラリーの依頼で言われた写真だけを撮るようになっていた」なんて人も多くいます。要するに写真家を目指していたのに気がついたら依頼で撮るカメラマンになっていたということですのでご注意ください。

 良い写真を撮ることとお金を稼ぐことは必ずしも一致しないのです。ですから仕事としてお金が欲しいという人はカメラマンを目指してください。お金は二の次としてとにかく自己表現を第一に考える人は写真家を目指してください。スタートの時点でこの選択をしっかり決めておくことが大事だと思います。ただ、現実としては写真家活動だけで食べていくことは難しいでしょう。ほとんどの人はカメラマンとしてコマーシャルや雑誌等の依頼撮影をしています。要するに自分の中でカメラマンと写真家のバランスをどの辺で取れるかが大事です。ちなみに私は「自分の信条に合わない嫌なことはしない。必要とされ納得できる仕事かどうか」を基準にしています。大切なことは時間、約束を守る。嘘をつかない。要するに人としてちゃんとしているかどうかです。当たり前のことです。写真の腕が良くても人としていい加減な人に仕事は来ません。もし来たとしても2回目はありません。

 写真以外のことに興味を持つことも大切です。映画、音楽、スポーツ・・・なんでもOKです。喜び、悲しみも生きることすべてが写真に結びついています。たとえば、恋をするなんて最高の勉強になります。どうしたら相手をきれいに撮れるか?そのうち内面を撮りたくなり壁にぶち当たります。それを乗り越えると以前とは違った“何か”が相手に見えてくるでしょう。これだけ考えても写真にとってはかなりの糧となります。その“何か”が写真にとって一番大切なのです。

 もし、「自分には才能がない」と思ったら次の言葉を思い出してください。「継続できることが最大の才能である」

写真家 野寺治孝
All images copyright © Harutaka Nodera. All Rights Reserved.